Pocket

あなたはどのような方法で顔の産毛を処理していますか?

もしかしたら処理していない人も中にはいるかもしれませんね。

ですが、顔の産毛を処理せずそのままにしておくと、顔全体が暗く見える上に、素肌も汚く見えてしまうかもしれないのです。

できればそれは避けたいところですよね。

なので、顔の産毛は処理することをオススメします。

どうやって自分で処理すればいいの?

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

今回は顔の部位ごとに分け、産毛の処理方法をご紹介していきます。

顔の産毛を剃る4つの美顔効果

顔の産毛を剃るとさまざまな効果があり、主に挙げられるのは以下の4つです。

・顔が明るくなる
・化粧のノリがよくなる
・古い角質を除去できる
・ニキビ予防

どれも女性にとっては良いこと尽くめな効果ばかりですよね。

次に、産毛の正しい処理方法をご紹介します。

産毛を剃るために必要な道具

きちんとした道具を揃えると、難なく産毛の処理ができるようになります。

逆に、「安い」と買ったカミソリや、長期に渡って使い続けているカミソリを使用すると、肌トラブルの原因になることもあるため、注意が必要です。

産毛を剃るための道具
・I字型のカミソリ
・シェービングクリーム
・化粧水
・乳液などの保湿クリーム
・シェービングクリームを伸ばす柔らかいハケ(チーク用ブラシがおすすめ)
・サランラップ
・蒸しタオル

きちんとした道具を揃えると、難なく産毛の処理ができるようになります。

逆に、「安い」と買ったカミソリや、長期に渡って使い続けているカミソリを使用すると、肌トラブルの原因になることもあるため、注意が必要です。

基本の剃り方

顔の産毛を剃る時は、ヘアバンドやヘアゴムを使用し髪の毛が顔にかからないようにしましょう。

また、そのままカミソリを使用すると、肌を傷めてしまう可能性がありますので、メイクを落とした後ホットタオルを使って、顔全体を5秒ほど温めましょう。

前もって顔を温めておくと、産毛や素肌が柔らかくなって剃りやすくなると言われています。

剃り方ですが、カミソリの刃が、肌に対して垂直だと肌を傷つけてしまう恐れがあります。

カミソリは、鉛筆を持つイメージで持ち、素肌と刃が平行になるように意識した上で産毛の生えている方向に逆らって剃っていきましょう。

おでこの剃り方

おでこの産毛、処理していないよという方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、一度処理しただけで、顔色が良くなった・あか抜けたという人もいる程重要な場所なんです。

<剃り方>
まず、髪がたれてこないようにヘアバンドやピン等で前髪を止めます。
それから、シェービングクリームをおでこ全体に乗せましょう。

剃る方向は、生え際からおでこの中心に向けて剃ってください。
この時、生え際の1cmくらい下から剃り始めると、ナチュラルに仕上がりますよ。

眉間の産毛の剃り方

眉間の産毛が生えたままだと、眉毛が繋がって、顔が野暮ったい雰囲気になってしまう可能性もありますので、きちんと処理しましょう。

<剃り方>
おでこの剃り方と同じように、シェービングクリームをまず塗ります。
そして、産毛の流れに沿って剃っていきましょう。

眉間の産毛を剃る際、カミソリを持っていない方の手で両方の眉頭に手を当て眉間の皮膚を引っ張るようにすると剃りやすくなります。

鼻の産毛の剃り方

鼻は顔の部位の中でも剃るのが難しい部位で、丁寧に行わないと鼻を傷つけてしまう恐れもあるので注意しましょう。
丁寧に剃ることで、鼻周りのメイクノリを良くすることができますよ。

<剃り方>
まず、鼻全体にシェービングクリームを塗りましょう。
角度によって傷つけないために、鏡を見ながらしっかりゆっくり滑らせるよう剃っていきましょう。
※カミソリは、いつもより小さめがおススメです!

口周り(あご・鼻の下)の産毛の剃り方

口周りの産毛は、他の部位よりも濃いことが多く、男性のような髭が生えているように見える可能性があります。

出来るだけ、週1回を目安に処理を行うようにしましょう。

ですが、頻繁に産毛の処理をすると、顔に小さな傷がつき素肌が荒れる可能性があるため、アフターケアはしっかり行ってくださいね。

<剃り方>
シェービングクリームを塗り、カミソリなどで産毛を処理していきましょう。
この時、素肌を傷つけないよう上から下に向かって剃るようにしてください。

アフターケアについては、保湿クリームはもちろん、化粧水や乳液もオススメですよ。

頬の産毛の剃り方

頬の産毛は薄いので、剃らないよという方も多いようですね。

ただ、やはり頬の産毛を処理すると顔全体が明るい印象になるという人もいるため、剃ることをオススメします。

頬は乾燥しやすい部分なので、処理後は、口周りと同じくしっかりとアフターケアを行うようにしましょう。

<剃り方>
まずは頬全体にシェービングクリームを塗ります。
次に、小鼻の横から外側に向かって、カミソリで産毛を剃っていきます。

頬を傷つけないようカミソリを持っていない方の手で耳側に向かって皮膚を引っ張りながら剃ると、処理しやすいですよ。

もみあげの剃り方

実は、もみあげの産毛を処理すると、横顔をスッキリした印象にさせる効果があると言われているんです。

一方、上品な印象にしたいときは、耳たぶくらいの長さにするのがオススメです。
ロングヘアやミディアムヘアで、普段髪をアップにすることが多い方は、スッキリとした印象にするため、もみあげを全部剃ってしまっても良いかもしれませんよ。

<剃り方>
まず、髪のサイドの毛を後ろで束ねましょう。
つづいて、コームを使いもみあげの毛の流れを整えます。
その後、シェービングクリームをもみあげに塗り、剃っていきます。

ちなみに、剃る前に、アイブロウ等で自分が理想とするもみあげの長さに目印をつけておくと便利です。
また、もみあげが濃いと感じる場合は、ハサミとコームを使って軽くカットすると良いでしょう。

フェイスラインの剃り方

フェイスラインは、自分ではどうしても見えにくい部分ですよね。
そのため、どうしても産毛の剃り残しが多く出てきてしまう部位でもあります。

剃り残しを防ぐためにも、明るい場所で、しっかり確認しながら処理を行いましょう。

首を斜めに傾け、反対の手で肌を引っ張りながら剃っていくと、正面からは見えづらい産毛の剃り残しを防ぐことができますよ。

セルフで顔の産毛を剃る際の4つの注意点

セルフで顔の産毛を剃る慣れていない方がセルフで顔の産毛を処理すると、肌トラブルになってしまう場合もあるかもしれません。

そこで、ここでは4つの注意すべき点をご紹介します。

毎日剃る

毎日カミソリで処理をしていると、素肌に細かな傷がつきダメージが蓄積されていきます。
また、必要な角質が剥がれ落ち、バリア機能が失われる恐れもあるため、個人差はありますが、ムダ毛の処理を行う頻度は2~3週間に1度にしましょう。

洗顔料やボディソープを使用する

シェービングクリームがないとき、洗顔料やボディーソープを使用されている方は少なくないのでは?

ですが、本来洗顔料やボディソープはムダ毛の処理をするためのアイテムではないのです。
ですので、長時間顔にのせたままにしておくと、肌トラブルの原因になることも!

せっかく素肌をきれいに見せようと努力しているのに、荒れてしまっては本末転倒ですよね…。そうならないためにも、シェービングクリームを使用しましょう。

お風呂で剃る

処理後の後片づけが簡単だからと、お風呂でムダ毛の処理や産毛の処理をしている人も多いのではないでしょうか。

ですが、部屋の照明に比べてお風呂は暗い場合が多く、顔の産毛を処理した際に剃り切れていない部分が残っていることも。
さらに、お風呂でカミソリを保管していると、湿気で雑菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。

生理中・妊娠中に剃る

生理中や妊娠中は普段の素肌に比べて敏感なため、肌荒れを引き起こしやすくなっていますので、なるべくカミソリを使用しない方が良いでしょう。

生理中や妊娠中でなくても、肌荒れを起こしている時や体調が優れない際は、産毛の処理は行わないでおきましょう。

まとめ

顔の皮膚は、人間のどの部位よりも薄いと言われています。
そのため、しっかりシェービングクリームを塗ってから、剃るようにしてくださいね。

また、剃った後も保湿クリームや化粧水・乳液でアフターケアをするようにして、素肌トラブルを起こさないよう気をつけることが大切です。

コメントを残す

産毛処理の関連記事
おすすめの記事